種類で変わる?債務整理にかかる費用

債務整理の効果

Posted on 17.02.01 by 管理人

債権者に対して一定以上の債務を負担している場合、債務者が返済が不能あるいは著しく困難であるときは、債務整理をするのが良いかもしれません。債務整理ですが、これは当事者間の話し合いによって行われる任意整理、地方裁判所が介入して行われる法的整理といったものが在ります。

当事者間の話し合いに基づく任意整理ですが、これは、成立した場合は債務者は信用力に著しい問題が在る者とみなされてブラックリストに載る事になります。ただ、ブラックリストに載る期間ですが、五年間が限度となっています。任意整理ですが、法的整理比較すると減額効果はあまり期待できないといわれています。また、債権者である金融業者は、この手続きに応じるかどうかは不明とされています。あくまでも任意となっているために、手続きをする場合は債務者は法律の専門家である司法書士や弁護士に依頼するのが無難となっています。

【参照】借金返済の無料相談~アディーレ法律事務所~

任意による債務整理が行われた場合、将来的に発生する利息は免除されるようになります。また、専門家に依頼する場合、費用は最低で2万円程度となっています。また、専門家によっては依頼費は15万円程となる場合が在りますが、親身に対応してくれたり費用を分納してくれる事が在ります。

債務整理は話し合いによって解決できるならともかく、債権者が応じないような場合は法的整理を利用するのも良いでしょう。法的整理には、個人再生や自己破産といったものが在ります。ただ、法的整理ですが、どういった人が利用できるかを事前にチェックしなければなりません。